SDGs 認定機構代理店募集!

国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」

SDGsをビジネスとして推進する代理店を募集します。
「誰一人取り残さない」持続可能な世界の実現へ!

国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」「誰一人取り残さない」持続可能世界の実現のため、一般社団法人全国専門能力検定協会では、全国の中小企業を含むあらゆる企業や個人に対して、SDGsの理念や正しい知識の習得、そして取り組み推進を目的として、スクール開講を行い、研修や講座を設けSDGs認定機構を展開しています。SDGsがビジネスの共通言語となった今、我々と一緒に「誰ひとり取り残さない持続可能な社会の実現」を目指し、人材育成を目的としたスクール開調を行う代理店を募集しております。
SDGsの理念を基にビジネス展開ができ、社会に貢献!あなたの人脈を活用できるお仕事です。環境対策や社会問題への取り組みとして国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まっています。また、企業はビジネスの力で内外の課題を解決し、利益をあげながら持続可能な社会づくりに貢献したいと考えています。経済界SDGsの動きも活発化し、銀行業界も金融面からSDGsに取組む企業を支える動きが出てきました。
SDGsがビジネスの共通言語となる時代に、1番求められている仕事を一緒におこ
ない「誰ひとり取り残さない持続可能な社会の実現」を目指しましょう!

元国連幹部職員 SDGs認定機構 特任教授 溝田 勉 氏によるSDGs解説もございます。

仕事の魅力

代理店が開講するスクールは、SDGsマイスター検定1級資格取得講座です。
SDGsマイスター検定1級では、指定のテキストによる学習で、検定試験に合格すると、SDGsマイスター1級認定証が付与することができます。
企業内での人材育成の他、学生の就職活動にも活かせる資格となっています。
代理店ではSDGsスクール開講することで、受講生がSDGsマイスター検定1級を取得することで、SDGsに取り組む個人や、企業団体とのつながりが持て、社会貢献度の高い仕事へと発展することができます。
代理店主催でセミナーや研修、勉強会、ビジネス交流会など、開催した分だけ収入アップにつながります。

市場性

SDGsとは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略で、2015年9月の国連サミットで採択されました。
2030年までに達成すべき国際目標を掲げています。

■17の目標は以下の通りです。
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.ネルギーをみんなにそしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさを守ろう
16.平和と校正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

日本では経済やビジネス、地方創生、人の部分にフォーカスを当て、SDGsに取り組む企業が増えてきています。
SDGsの企業導入は社会貢献としての意味合いが強く企業音ブランドイメージの向上が期待できます。
また、新しい人材の採用への貢献、共通目標の実現に向けた社員のモチベーション向上、製品への安心感や付加価値にもつながりやすいなど、さまざまなメリットを得られるチャンスなのです。

ビジネスの特徴

一般企業がSDGsに取り組む意義は、イメージの向上、社会の課題への対応によるリスク回避や信頼獲得などが挙げられます。
社会貢献度の高い教育事業です。一方で企業がSDGsに真剣に取り組んでも公的な認証機関がないのが現状です。
これをきちんと教育機関としてスクールを開講し、SDGsマイスター資格を付与しようというのがSDGs認定機構です。

本部のサポート体制

・講座開講などに対するアドバイス・提案・支援
・本部が作成している資料(データ支給) 
・営業ツール(基本提案資料、セールストークスクリプト)
・SDGsマイスター検定3級講座無料(1名分)

企業概要

会社名

一般社団法人全国専門能力検定協会認定機構

事業内容

SDGsマイスター資格取得講座 開講に伴うSDGsビジネス 推進事業代理店

住所

長崎県長崎市愛宕3丁目19-23

電話番号

0120−172−056